MENU

レプロナイザー3Dプラスが効果なし!?そんな典型的なパターン?

レプロナイザー3Dプラス,効果なし

 

 

レプロナイザー3Dプラスの驚異のバイオプログラミングパワーによって、髪とお肌がキレイになり、世界中の女性たちが美しくなれれば嬉しい限りです。

 

しかし!レプロナイザー3Dプラスの効果がまったく効かない、もしくは効果が薄い。そんな方々が中にはいるみたいなのです!

 

それはもったいないですね!人生の半分くらい損をしていますね(笑)

 

そこで今回は、レプロナイザー3Dプラスが効果が出ない残念な方々についてまとめてみます(笑)ここに当てはまった方は要注意ですよ!

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスが効果なし!の人?

レプロナイザー3Dプラス,効果なし

 

 

すぐに使用をやめてしまう

レプロナイザー3Dプラスは、特殊なセラミック構造から放出される『遠赤外線』により、分子や眠っている遺伝子を活性化させて、髪やお肌を活性化させる仕組みを持っています。

 

しかし、人間の細胞は約37兆個あります。いくら、ドライヤー時に分子を活性化させると言っても、一度で活性化できる量には限界があります。

 

そこで、日々、毎日レプロナイザー3Dプラスを使用することにより、この細胞の活性化を1日1日着実にこなしていくのです。

 

そうすることにより、1日で効果が出ない方でも、二週間、一カ月、三か月と使っていくうちに効果が出てきます。

 

根気よく続けていきましょう!

 

 

 

熱風しか当てない

ドライヤー全般に言えることなのですが、髪は熱がある状態から冷やされる時に、キューティクルが整えられたり、髪にハリコシが出たりします。

 

ですので、髪を熱風を当てた状態でそのままにしておくよりも、熱風を当てたあとに、レプロナイザー3Dプラスに付いているcoolというボタンで冷風に切り替え、乾かしてみてください。

 

驚くほど質感が変わるはずです!ドライヤーも料理も、最後の「ひと手間」がとても重要なのです!

 

 

 

お肌に熱風を当ててしまう

お肌と髪とでは、髪の方が耐熱性が高いです。髪の場合は、ストレートアイロンなどで熱を当てた場合、180度の熱でも少しの時間であれば耐えうる力を持っています。

 

しかし、人のお肌は、もし180度の熱を当ててしまうと、火傷をしてとんでもないことになってしまいますね。

 

ですので、レプロナイザー3Dプラスを使って、お肌をリフトアップさせたい場合は、こちらもcoolボタンを使い、冷風にしてから使用しましょう!

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスを使っても効果がない人たちを集めてみました!

 

もし、あなたが上に書いたような典型的なパターンに当てはまってしまっていたら、上記した解決策を導入して、やり方を改善していきましょうね♪

 

教会に行って懺悔しなくても、今、この瞬間からあやまちは正せます(笑)

 

しっかりとした使い方を身につけ、ビューティフルライフをエンジョイしちゃいましょうね☆

 

 

 

 

このページの先頭へ